江南地方の屋根
2017.06.15
北京育ちの私には、江南地方のあれやこれやが珍しく感じました。
そんな時に撮った、屋根のあれやこれやです。

         
2017.06.15 18:06 | 固定リンク | 未分類
北京の商家の四合院のなか
2017.06.14
今までご紹介したことのなかった写真を発掘したのでご紹介。

北京のいわゆる外城の四合院(北京風お屋敷)の内部です。
場所は、繁華街のちょっと外れた場所... です。
外城は、庶民の住むまち。
そこでお屋敷を構えていたのはお金持ちの商人だったと思います。


門構え



日本でいうと欄間の部分。


床タイル



屋根の上



~>゜)~<蛇足>~~

持ち主のおじい様は、この屋敷を購入する前に、東単に屋敷を持っていたそうなのですが、
北京駅(前門横)から近い場所の屋敷を購入、お引越しされたそうです。
その時にかなり修築しているので、タイルなどは、その時の流行最先端のもの。
その実、ご紹介した床タイル、大柵欄の老舗の老店舗で同じものを見かけたことがあります。

今になると、あれやこれや、もっと詳しく見せていただくんだった... と思うこの頃。

このお宅の門墩(門の前の彫刻された一対の石)はとても有名なので
写真集などでご覧になった方もいらっしゃるかも...




2017.06.14 12:49 | 固定リンク | 未分類
「元宝」を模したあれこれ
2017.05.31
「元宝」は昔の中国の秤量貨幣を指します。
金や銀の決められたを一定のサイズに作ったものです。
今でいうと延棒でしょうか。
金元宝は5両(186グラム)か10両(373グラム)、
銀元宝は一般的に10両(373グラム)だったそうです。
それを模したものです。

 ・ろうそく


 ・チョコレート







~>゜)~<蛇足>~~

ちなみに昔の靴のかたち... なのだそうですが、
見えない!
私が見えないだけ??
3D WORLD STYLE シリーズ「蘇淮菜館」
2017.05.28
3D WORLD STYLE「Chinese Restaurant」シリーズから
「蘇淮菜館」(江南の料理屋さん)を作りました。




なかなかいい雰囲気!で気に入りました。
老上海百年風情
2017.05.27
「老上海百年風情」という絵葉書集を掘り出しましました。

 

これは表紙のみですが、
機会があったら、内容をご紹介したいです。

- CafeNote -